パワハラ社長が大嫌い!一般社員ができる対処法とは?

パワハラ社長が大嫌い!一般社員ができる対処法とは?

パワハラやモラハラといったハラスメント行為をTVやニュースで耳にする機会が多くなりました。

他人事だと思って聞き流していたら、入った会社の社長がパワハラ社長で心労が耐えないという人も社会人の中では多いと思います。

今回の記事では、いわゆるパワハラの定義についての紹介と、実際にパワハラ社長に当たってしまった場合の対応策などを紹介していきます。

職場におけるパワハラの定義とは?

パワハラは社長や上司など、地位による優位性を盾に業務の範疇を超えた、精神・肉体的苦痛を部下や目下の人間などに与えることです。

このパワハラには厚生労働省が定めた6つの定義が存在します。

・身体的な攻撃暴行や傷害など
・精神的な攻撃脅迫や名誉毀損、侮辱、ひどい暴言など
・人間関係からの切り離し隔離、仲間外し、無視など
・過大な要求業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害など
・過小な要求業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
・個の傷害私的なことに過度に立ち入ること

これらの定義は、過去にあった職場でのパワハラによる裁判例、個別労働関係紛争処理事案をもとに用意された典型例を整理したものです。

また、職場でのハラスメントにはパワハラの他にモラハラというものがあります。これをパワハラと混同している人が多いですが実は違います。

パワハラは力関係を利用したハラスメントですが、モラハラはそういった力関係に関係なくハラスメントを行う行為です。

社長がパワハラしてくる時点で終わってるかも・・・

パワハラはされる側からしてみればたまったものじゃありませんよね。

上司からのパワハラでも大問題ですが、これが会社の社長ともなればさらに問題です。なにせ、会社そのものにパワハラを受けているような状態なのですから、途方に暮れてしまいます。

しかもたちが悪いことにこの手のケースは社長本人にパワハラの自覚がないことが大半です。同族経営の会社の社長やいわゆるワンマン社長がこの手のパワハラ社長に当たるケースが多いですね。

パワハラ社長はとにかく無理難題を押し付けてきます。例えば、引っ越しや自宅の掃除など、社長のプライベートの用事に社員を呼び出すというケース。

社長のプライベートのことなんて、どう考えても業務の範疇を超えてますよね?でもこういったことをパワハラ社長はゴリ押ししてくるのです。

断りでもしようものなら待遇がほぼ間違いなく悪化します。他にも深夜であろうとお構いなしに時間を問わず、飲み食いに誘ってくるというケースもあります。

社長本人はむしろ目をかけてあげているつもりなのかもしれませんが、部下にだってプライベートがあります。

はっきりいって一般常識に欠けていると言わざるをえず、こういったパワハラ社長のもとで長く続けていくのは精神的にキツイでしょうね。

一般社員がパワハラ社長にどう立ち向かえば良いか?

会社を辞めてしまえればそれが1番なのですが、そうもいかない人は多いでしょう。

会社を辞めるのは最終手段に取っておくとして、会社に勤めながらパワハラ社長に立ち向かっていくうえで考えられる方法をみていきます。

1.直属の上司や社長以外の役員へ社長のパワハラを相談する

社長以外の頼りになりそうな社内の権力者や比較的相談しやすい上司に相談してみる方法です。

会社というものは社員があって成り立っているので、社員全員が一致団結して社長に立ち向かえば社長のパワハラを辞めさせることも難しくはないかもしれません。ですが、現実はなかなかそうはいかないでしょう。

2.労働基準監督署に訴える

会社内だけでの解決が難しいのであれば、外部の機関を頼るしかありません。そこで国の機関である労働基準監督署に訴える方法です。

しかし、労働基準監督署は、労働基準法や労働安全衛生法、労働者災害保険法などの法令厳守を監督する機関。職場のトラブルの相談には乗ってくれるかもしれませんが、パワハラそのものへの対応はあまり期待できません。

3.転職、退職が現実的な手段

結果として最終手段に取っておいた会社を辞めるという選択肢が1番現実的な対応策だったりします。

逃げるように辞めるのはあまりいい気はしないかもしれませんが、無理してパワハラを受け続けてもいい結果が待っているとは思えません。

パワハラに対しては思い切って逃げるという選択も立派な選択肢です。

パワハラに無理して付き合う必要はない

希望を持って入った会社がパワハラ社長の会社だったというケースは少なくありません。

会社の1番偉い人がパワハラをしてくるのだから現実的にはなかなか打つ手はないでしょう。

そうなってくると「もう会社を辞める!」という選択肢が1番現実的になってしまいます。

パワハラが原因で会社を辞めたいという人は多いのか、退職代行サービスなんてものもあるようです。

おすすめは、弁護士さんが監修している退職代行jobs(ジョブズ)です。評判もよいのでおすすめです。

退職代行jobsの口コミ評判など

LINEで相談とかもできるので、とりあえず状況を説明して退職可能かだけでも聞いてみるといいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です