怒鳴る上司への対処法。パワハラの可能性もあり?場合によっては逃げも必要

怒鳴る上司への対処法。パワハラの可能性もあり?場合によっては逃げも必要

会社の中には必要以上に怒鳴る人もいます。

酷い人だと直接殴ったりはしなくても椅子を蹴るなど言葉だけでなく暴力を振るう人もおり、会社に行くのがストレスになってしまう人も実際に少なくはありません。

怒鳴る上司にはどのように対処するのが良いのでしょうか。そこでここでは理不尽な上司の対処法やパワハラの基準などを紹介します。

職場にいる怒鳴る上司、これって実はパワハラかも

職場におけるパワハラは厚生労働省により、

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」

出典:厚生労働省[職場のパワーハラスメントについて]

と定義されています。

具体的には暴行・傷害をはじめとする「身体的な攻撃」、強迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言など「精神的な攻撃」、隔離・仲間外し・無視などといったその人を孤立させるように仕向ける「人間関係の切り離し」、その人が明らかにできなかったり、やる必要がなかったりすることを強制する、仕事を妨害する「過大な要求」、本人のスキルよりもレベルの低い仕事をやらせたり、仕事を与えない「過小な要求」、そして「個の侵害」がパワハラに当てはまります。

したがって、上司が怒鳴ることは精神的な攻撃に当てはまり、当然上司の行為はパワハラと言えるでしょう。

また、怒鳴る内容が個人の生い立ちなど業務上知りえる情報の範囲外に関することであれば個の侵害にも当てはまるでしょう。

上司が怒鳴る理由

上司が怒鳴る理由は様々です。

まず考えられるのがその人が仕事ができない故に上司の負担が大きくなってしまっている場合であり、この場合は確かにパワハラの対象となっている社員が上司のストレスの原因ではありますが、上司にはそのような人でも無理なく働けるように仕事を割り振る義務があります。

次に考えられるのが上司自身が仕事やプライベートでストレスを溜めている場合です。

この場合は自分より立場が低い人に八つ当たりをしているだけであり、上司が抱えている問題が解決しない限り続くのでパワハラを受けている本人は対処しようがありません。

怒鳴る上司への対処法

怒鳴る上司への対処法はいくつかありますが、自分の心の状態や職場の環境を冷静に考えたうえでベストな方法を選ぶ必要があります。

職場のパワハラをしてくる上司以外の人との人間関係が良好な場合は上司の上司や役員に相談するなどしてパワハラの事実を伝えることで上から圧力がかかり、上司のパワハラが収まったり、上司が異動することになったりして自分への負担が少なく解決できることが多いです。

しかし、失敗した場合パワハラがエスカレートする可能性もあり、慎重に判断する必要があります。

次に挙げられる解決策が自分が異動を申し出ることです。異動することで上司と顔を合わせることがなくなり、ストレスなく働けるようになるでしょう。

ただ、異動に関しては会社の人員の状況や本人のスキルによって実現するかどうかわからないことから、異動したいと思っているならすぐに異動するためのスキル習得に力を入れることが大切です。

そして職場で働き続けたいけれども社内に解決できそうな人がいない場合はパワハラの証拠を集めて労働基準監督署に相談すると良いでしょう。

公的機関からの指導は会社へのダメージが大きいため、会社の上層部が動いてくれる可能性が高いです。

しかし、パワハラを受けていると労働基準監督署へ駆け込む体力が残っていないこともあるでしょう。

そんな時は転職・退職してとにかく上司から離れることが大切です。

パワハラ上司の仕事の取り組み方を改善するのは難しく、落ち着いて働ける環境へ転職するか、退職して一旦休むかするのがストレスなくパワハラ上司から逃げることができる現実的な手段でしょう。

理不尽な上司に耐える必要なし!心や身体が壊れる前に退職・転職を考えよう

パワハラ上司が相手だとなかなか退職・転職の意を伝えることができないこともあります。

しかし、最近では退職代行サービスの利用者が増えており、このようなサービスを使ってストレスなく会社を辞めることができます。パワハラ上司の相手をしているとストレスが溜まる一方なので、自分が潰れてしまう前に退職・転職をしてストレスの根源から離れましょう。

個人で在宅ビジネスを始める選択肢もある

辛い会社生活を送るぐらいなら、個人ではじめられる在宅ビジネスを始める選択肢もありますよね。例えば今なら、ブログ、せどり、メルカリ販売、アフィリエイトなど自分一人で副収入を得ている人はたくさんいます。

一部の人は、副業で始めたビジネスがきっかけで起業する人もいますからね。

実は私はパワハラを受け会社を辞めてからは、「サイトアフィリエイト 」をやっています。

ナオトさんという方を参考にして取り組んんでいるのですが、スゴイ実績持ち主で無料で情報も公開されているので興味がある方はチェックしてみるといいかと思います。

ナオトさんのブログはこちらのリンクからいけますよ!色々なジャンルがあるので参考にしてみてください。

アフィリエイトのジャンル選び(Kazoku Smileブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です